知能とは、人間が環境に適応していく能力をあらわし、記憶・知覚・ 運動する能力、理解・思考・判断などの能力の全体(全体的な認知能 力)のこと。 知的障害とは、知能の発達が遅滞した状態にとどまっていること。

@発達期(おおむね18歳未満)において遅滞が生じること A遅滞が明らかであること B遅滞により適応行動が困難であること 「精神遅滞 Mental Retardation」  ⇒現在では知的障害とほぼ同義で用いられていることが多いが、厳 密には異なり、知的障害によって社会的な不適応を生じた場合に精神 遅滞と定義される。上記ではBが該当すること。 遅滞が明らかか否かの判断は各種知能検査(田中ビネー・WISC・K-AB Cなど)で知能指数(IQ)を、社会生活能力検査(SM式など)で社会生 活年齢(SA)・社会生活指数(SQ)を算定し、総合判断とすることが多 い。 事故の後遺症、認知症といった発達期以後の知能の低下は知的障害と しては扱われない。

境界域 知能指数は70〜85程度。知的障害者とは認定されない場合が多いが、 認定されないために支援を受けられず、かえって厳しい状況におかれ ることもある。 軽度 知能指数は50〜70程度。理論上は知的障害者の約8割がこのカテゴリー に分類されるが、本人・周囲とも障害にはっきりと気付かずに社会生 活を営んでいて、障害の自認がない場合も多いため、認定数はこれよ り少なくなる。生理的要因による障害が多く、健康状態は良好である ことが多い。 中度 知能指数は35〜50程度。 重度 知能指数は20〜35程度。大部分に合併症が見られる。 最重度 知能指数は20以下。大部分に合併症が見られ、寝たきりの場合もある。 しかし運動機能に問題がない場合もあるため、多動などの行為が問題 になることがある。

乳幼児期 同年齢の幼児との交流が上手くいかなかったり、言葉に遅れがあった りする場合が多い。親は育児にストレスを感じることが多くなるため、 不適切な養育になってしまう可能性がある。染色体異常などの病理的 原因の場合は早期に発見されることが多い。 学齢期(6 - 15歳ごろ) 判断力や記憶力などの問題で、普通学級の授業についていけない場合 が多い。自閉症を合併している例では、複雑なルールの遊び、集団参 加が困難となる。そういったストレスから、各種二次障害(不登校、 うつ、暴力など)が発生する場合もある。また、後期中等教育への進 学に当たっては、各種の問題が障壁となる場合がある。 成年期(18歳 - ) 一般的な職場への就労はハードルが高いが、本人の能力に合っている 環境であれば問題はない場合も多い。一般的な職場での就労が困難な 場合は、障害者の保護者やボランティアなどが開設する通所施設で活 動する例が多い。また、日常的でない判断(高額な契約など)が難し く、判断を誤ることや、悪意の接触にだまされることが時折ある。

病理的要因 ・ダウン症候群、先天性代謝性疾患、結節性硬化症などの染色体異常  先天性疾患 ・出産時の低酸素脳症・分娩中の物理的な脳の圧迫などの周産期の事  故 ・生後の高熱の後遺症(細菌性髄膜炎、ウイルス性脳炎など) 脳性麻痺やてんかんなどの脳の障害や、心臓病などの内部障害を合併 している(重複障害という)場合も多い。染色体異常が原因の場合は 知的障害が中度・重度であることが多く、外見的には特徴的な容貌で あることも多い。
生理的要因 特に知能が低くなる疾患があるわけではないが、たまたま知能指数が 低くて障害とみなされる範囲に入ったというような場合。生理的要因 の知的障害がある親からの遺伝や、知的障害がない親から偶然に知能 指数が低くなる遺伝子の組み合わせで生まれたことなどが原因である。 合併症はないことが多く、健康状態は良好であることが多い。知的障 害者の大部分はこのタイプであり、知的障害は軽度・中度であること が多い。「単純性精神遅滞」などともいう。
心理的要因 養育者の虐待や会話の不足など、発育環境が原因で発生する知的障害。 リハビリによって知能が回復することが可能なこともある。